ごみ焼却系統図

 

 ごみは、ごみの計量機で重さを計られた後、いったんごみピットにためられます。

 ためられたごみは、ごみクレーンによって、ごみ投入ホッパに供給され、 焼却炉内に送り込まれて、完全に焼却されます。

 

 ストーカで焼却されたごみは、灰となって焼却灰搬出装置で落下し、灰バンカへ搬送されます。

 集じん装置で集められたダストはダスト搬出装置によって灰バンカに貯留されます。これらの灰は灰搬出車にて運び出されます。

 

 ごみ燃焼用の空気は、押込送風機でごみピットから吸い込まれ、空気予熱器で加熱された後、 各ストーカの下から炉内へ供給されます。

 このように、ごみピット内の空気を使用することによって、臭気が外に漏れるのを防止しています。

 

 燃焼排ガスは、機器保護のためガス冷却室で水噴霧されて温度を下げられた後、 集じん装置で細かいばいじんを取り除かれて、きれいな排ガスとなって、誘引送風機で強制吸引されて煙突より排出されます。

 

最新NEWS(5件)

2024年2月15日

令和5年 第1回 峡南衛生組合議会臨時会(12月)

2023年11月30日

令和5年 第2回 峡南衛生組合議会定例会(10月)

2023年11月10日

峡南衛生組合臨時休業のお知らせ

2023年10月24日

令和5年 第1回 峡南衛生組合議会定例会 (2月)

2023年7月28日

峡南衛生組合臨時休業のお知らせ

記事一覧を見る

カテゴリー

月別検索

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

PDFファイルの参照には ADOBE READER (無料)が必要です。
上のバナーから ADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンの ADOBE READER をダウンロードして下さい。