処理工程図

し尿処理工程図

 

 

し尿や浄化槽汚泥・下水汚泥の主な成分は、アンモニアなどの窒素化合物とBOD(有機物)。
本施設ではこれらを分解・除去するために、微生物と有機平膜(液中膜)を利用しています。
深層反応槽では、硝化菌と脱窒素菌が連携して、汚れの成分を効率よく分解。
生物処理された混合液を、膜処理槽の有機平膜が処理水と汚泥(主には繁殖した微生物)に分解します。

 

水深10mの深層反応槽
循環する液体の下降速度が気泡の上昇速度よりも速いとき、空気は2~3mmの微細気泡となって水流に巻き込まれ、 水深が深くになるにつれて酸素が高効率で液中に溶け込みます。この優れた酸素吸収効率にサポートされて、硝化菌と脱窒素菌が活躍します。

 

膜面の孔は1mmの1万分の4
有機平膜(液中膜)の膜面にある小さな孔(1mmの1万分の4)を通過できるのは、水の分子と溶解性の塩類だけ。 汚泥などの成分は合理的に分解できます。また、膜面は散気装置から上昇気流によって洗浄され、高い処理能力をつねに維持できます。
なお、膜分離装置は、高度処理工程の凝集膜分離処理にも採用されています。

 

最新NEWS(5件)

2024年2月15日

令和5年 第1回 峡南衛生組合議会臨時会(12月)

2023年11月30日

令和5年 第2回 峡南衛生組合議会定例会(10月)

2023年11月10日

峡南衛生組合臨時休業のお知らせ

2023年10月24日

令和5年 第1回 峡南衛生組合議会定例会 (2月)

2023年7月28日

峡南衛生組合臨時休業のお知らせ

記事一覧を見る

カテゴリー

月別検索

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

PDFファイルの参照には ADOBE READER (無料)が必要です。
上のバナーから ADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンの ADOBE READER をダウンロードして下さい。